Solitude / Loneliness

2023.09.01(Fri)

OPEN HUB Base 会員限定

ビジネスパーソンは「孤独」をどう捉えるべき?
山口周氏と考える、孤独にビジネスチャンスを見出す方法

#OPEN HUB #ヘルスケア #事例 #メタバース
2040年、日本では約40%が独居世帯になるといわれています。ウェルビーイングを阻害する要因として、孤独は世界的な問題となっている一方、「ソロ活」のように孤独をポジティブに捉えるライフスタイルも一般化しています。孤独は、社会やライフスタイルを変化させる重要なファクターのひとつといえるでしょう。

そこでOPEN HUBでは、孤独をテーマにした全5回のワークショップ「Dialog孤独」を開催。さまざまな企業から参加者が集い、有識者を交えながらディスカッションを重ねて、ビジネスアイデアの創出を目指しました。「3人に1人は孤独を感じている」といわれる今、孤独という問題にはどのようなビジネスチャンスが潜んでいるのでしょうか。参加者の目線から、ビジネスの可能性を前後編でレポートしていきます。

前編では、独自のビジネス研究で知られ、OPEN HUB Catalystでもある山口周氏を迎え、孤独に対するビジネスアイデアを検討した模様を中心にお伝えします。

“孤独”の切り口から何を生み出せるか?

孤独をテーマにした今回のDialog、参加者は何を期待して申し込んだのでしょうか。化学メーカーで新規事業探索を担当している原佳那恵さんは、ヘルスケア領域の新規事業を考える中で、ウェルビーイングにも関わりの深い「孤独」というテーマに関心を持ち、参加してみたいと思ったとのこと。

原佳那恵|化学メーカー勤務 ヘルスケア領域で新規事業探索を担当

「これまでもヘルスケアやマテリアルの切り口から新規事業を模索してきて、社会との接点が一時的に断絶される産休・育休中の女性、専業主婦など、多くの人が孤独に苦しんでいることには問題意識がありました。そんな折に『Dialog孤独』の参加者募集を知って、老人の孤独死なども含めて社会課題としての意識がより高まり、参加を決めました」と原さんは語ります。

「着眼点がユニークですよね。孤独という状態を起点にどのようなアイデアが生まれるのか、期待しています。以前、上司から山口周さんの本を薦められて読んだことがあるので、山口さんのお話を伺えるのも楽しみです」。今回は原さんの視点を交えながら、Dialogを追体験していきます。

“生きるに値する豊かな社会”ってどんな社会?「ソーシャルベネフィット」の重要性を実感

この記事は OPEN HUB BASE 会員限定です。
会員登録すると、続きをご覧いただけます。