僕らはメタバースに夢を見る

  • Smart World
  • OPEN HUB
  • メタバース
ログインして申し込む

お申し込みには会員登録が必要です

昨今、「メタバース」という言葉が急速に浸透し関心が高まっている一方で、メタバースとは何を実現するのか、明確に答えを持っている方は多くないのではないでしょうか。
本セミナーでは、メタバースが描く世界観や意義を深掘りし、今抱えているギャップを埋めるヒントについて、マインドセット、美意識、テクノロジーの観点から探ります。
「竜とそばかすの姫」をはじめ、これまでインターネット・仮想空間と人の関わりを描いてきた細田守監督をお招きし、メタバースを始め各種XRサービスの企画・開発・運営を担い、新たな顧客体験価値を創出しているNTTドコモXR推進室長の岩村幹生氏、NTTコミュニケーションズ OPEN HUB代表 戸松より、メタバースの本質とは何かをお伝えします。

▼このような方におすすめです▼
・メタバースの本質の理解や実現イメージを持ちたいとお考えの方
・新たなビジネスチャンス・共創を推進されている方

日時 2022年10月6日(木)15:00~16:15 ライブ配信 
会場 オンライン配信(視聴URLは、開催日までに登録いただいたメールアドレスへお送りします)
参加費 無料
定員 3,000人 ※定員になり次第受付を終了します
お申し込み期限 2022年10月5日(水)18:00
ログインして申し込む

お申し込みには会員登録が必要です

細田 守

映画監督

細田 守

1967年、富山県出身。1991年に東映動画(現・東映アニメーション)へ入社し、アニメーターを経て1999年に「劇場版デジモンアドベンチャー」で映画監督としてデビュー。その後、フリーとなり、「時をかける少女」(06)、「サマーウォーズ」(09) を監督し、国内外で注目を集める。11年、自身のアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」を設立し、「おおかみこどもの雨と雪」(12) 、「バケモノの子」(15)でともに監督・脚本・原作を手がけた。「未来のミライ」(18)(監督・脚本・原作)で第91回米国アカデミー賞長編アニメーション作品賞にノミネートされた。最新作「竜とそばかすの姫」(監督・脚本・原作)は自身の監督作品歴代1位の興行収入を記録。第74回カンヌ国際映画祭カンヌ・プルミエール部門に選出されている。

岩村 幹生

株式会社NTTドコモ
スマートライフ戦略部
XR推進室長

岩村 幹生

スマートライフ戦略部・XR推進室長として、メタバースを始めとする各種XRサービスの企画・開発・運営を担う。現実・仮想世界をXRで編集し、自由な表現のできる媒体を提供、夢や思いを共感しあえる世界の実現を目指す。通信事業者のレゾンデートルを考え、3G/4G/5G標準化・開拓経験も活かして、サービス、プラットフォームからデバイスまで、一気通貫で新しい顧客体験価値を創出し、世の中の「通信」を次の文化レベルに持ち上げたい。

戸松 正剛

NTTコミュニケーションズ株式会社
OPEN HUB代表

戸松 正剛

NTTグループ各社にて、主にマーケティング/新規事業開発に従事。米国留学(MBA)を経て、NTTグループファンド出資のスタートアップの成長/Exit支援、Jリーグ他プロスポーツ業界とのアライアンスなどを手掛ける。2018年大企業同士の共創コミュニティー「C4BASE」を立ち上げ、運営。2021年OPEN HUB for Smart Worldを設立、代表に就任。NTT Com DD株式会社社外取締役。

ログインして申し込む

お申し込みには会員登録が必要です

join OPEN HUB