OPEN HUB for Smart World

未来をひらく「コンセプトと社会実装」の実験場

OPEN HUB for Smart Worldは、社会課題を解決し、わたしたちが豊かで幸せになる未来を実現するための新たなコンセプトを創り、社会実装を目指す事業共創の場です。

About OPEN HUB
【リアル&ライブ配信】 有識者と対話する、ビジネスアイデアを磨く秘訣

EVENT 2024.03.18(Mon) 16:00~18:00 リアル開催&ライブ配信

【リアル&ライブ配信】 有識者と対話する、ビジネスアイデアを磨く秘訣

2023年、OPEN HUB Baseではさまざまなイベントを通して会員の方々とコミュニケーションをしてきました。その中でも特に大きかった声が「課題からアイデアの発想が上手くいかない」「ビジネスアイデアが社会実装まで前進しない」「社会実装したビジネスがブーストしない」というものです。 今回、第1部では、各ジャンルの有識者3名にお集まりいただきビジネスアイデアを磨く秘訣を各々の立場で語っていただきます。第2部は会員が自らのビジネスアイデア(生成AI、GX、ウェルビーイングなど)を発表し、有識者からフィードバックをもらい対話します。 参加者の皆さまはその様子を見ながら、ビジネスアイデアの創出とブラッシュアップを行うヒントが得られます。 なお、リアル参加の方は第2部終了後、ネットワーキングを予定しています。是非ご応募ください。 第1部|トークセッション+質疑応答(山口周氏、樋口恭介氏、水野祐氏) 第2部|コミュニティ会員のビジネスアイデアを有識者がフィードバック 第3部|ネットワーキング(リアル参加のみ) ※プレゼンターとして参加希望の方は以下からお申し込みください。 https://openhub.ntt.com/event/8017.html ▼こんな方におすすめ ・社会可能性のテーマをもとに新たな共創パートナーをお探しの方 ・各有識者の視点をもとにビジネスを前進させたい方

NEW

“自席に縛られない”働き方改革を目指して。日本生命が挑んだ、2万人の電話環境大改革

PROJECT 2024.02.28(Wed)

“自席に縛られない”働き方改革を目指して。日本生命が挑んだ、2万人の電話環境大改革

「03」「06」といった市外局番から始まる固定電話番号「0AB~J番号」。地域情報に紐づく信頼性など事業面でのメリットがある一方、これらの固定電話基盤により社員が自席に縛られ、時代に応じた「場所に縛られないフレキシブルな働き方」の障壁となってしまうケースは珍しくありません。さらに、こうした固定電話基盤の刷新においては、企業規模が大きくなるにつれてコストやリスクが高まり、検討・導入が難しくなる傾向にあります。 今回は、保険業界のリーディング企業である日本生命の内務職員約2万人を対象とした、「固定電話のメリットを生かしながらモバイルの機動性を両立するモバイル内線化ソリューション」の導入事例をご紹介。テレワークとオフィスワークを効率的に併用する「ハイブリッドワーク」へのニーズが高まる一方で、固定電話番号によるコミュニケーションも必要とする日本生命において、“自席でしか働けない”ワークスタイルからの脱却はどのように実現されたのでしょうか。 旧来の「オンプレミスPBX(企業内に設置した電話交換機)」から「セントレックス型の集約PBX」への転換、そして固定電話とモバイルを併用可能な内線システム「FMC内線基盤」の導入という大規模プロジェクトで見えてきたEX向上の効果とフレキシブルな働き方がもたらす未来像を、本プロジェクトに関わった日本生命グループとNTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)のメンバーに対するクロスインタビューを通して探っていきます。

PROJECT

共創プロジェクトの“いま”を発信。実装済の事例のほか、
共創パートナーの募集や、進行中のプロジェクトの様子も随時アップデート。

PLAYER

各分野の専門家「カタリスト」と、多様なアセットを持つ「パートナー企業」、
そして読者の「OPEN HUB Base会員」の3者が、業界・組織を超えてつながります。

CATALYST

400名以上の専門家

PARTNER

30社以上の共創パートナー

MEMBER

14000名以上のOPEN HUB Base 会員

PLAYER

EVENT

明日から使える先端技術の紹介から、未来を思考するトークセッションまで、
イベントを日々発信しています。ライブ配信や見逃し配信も。

JOURNAL

企業のDX推進や、新規ビジネス創出に役立つ情報を発信。有識者対談や先進事例など最新トレンドと独自のインサイトを網羅した多様なコンテンツをお届け。