営業生産性向上のベストプラクティスに学ぶ
~環境変化に負けない多様な働き方の実現とは~

  • 働き方改革
  • 事例
ログインして申し込む

お申し込みには会員登録が必要です

リモートワークが浸透した今、働き方もオフィスとリモート勤務を組み合わせたハイブリッドワークが求められています。
特に営業組織においては対面からWeb会議のような非対面へのシフトなど、デジタルな営業活動が進行し大きな転換点を迎えるとともに、活動が変容することで組織の在り方が見直される動きが増えつつあります。
本セミナーでは、新たな時代での営業の在り方や生産性の最大化について、営業分野の第一線で活躍する東京工業大学特任教授の北澤氏より解説いただきます。
また、後半ではハイブリッドワークの実例や当社プラットホーム上で展開する課題解決の事例を紹介し、多様な働き方を実現するためのポイントについて解説いたします。
限られたリソースで成果を最大化するためには、柔軟な働き方による業務の効率化も重要な鍵となります。
ぜひ皆さまの生産性最大化のヒントとしていただけますと幸いです。

▼特につぎのような方におすすめです▼
・ハイブリットワーク時代の生産性を最大化したいとお考えの方
・従来の働き方や組織運営に課題を感じられている方
・自宅でのリモートワークに働きづらさを感じられている方

日時 【見逃し配信中】2022年8月5日(金)~
会場 オンライン配信(申し込みいただいた方に配信URLをお送りいたします)
参加費 無料
お申し込み期限 2023年8月4日(金)18:00
ログインして申し込む

お申し込みには会員登録が必要です

北澤 孝太郎

東京工業大学大学院 特任教授

北澤 孝太郎

1985年に神戸大学を卒業後、リクルートに入社。20年にわたり営業の最前線で活躍。2005年、日本テレコム(現ソフトバンク)に転じ、執行役員法人営業本部長などを歴任。
その後、モバイルコンビニ社長、丸善執行役員などを経て、現職。大学院では、全国の大学で初となる「営業」の授業を担当。
営業部長や役員教育の第一人者であり、営業イノベーションなどの分野でも多くの実績を持ち、特に優れた営業戦略・戦術を導く「北澤モデル」は多くの企業で活用されている。

国家資格キャリアコンサルタント(米国CCE.Inc認定GCDF)。
著書に『日本で唯一!MBAクラスの「営業」の教科書』(徳間書店)、『営業力100本ノック』(日本経済新聞出版社)など多数。

大澤 樹希

NTTコミュニケーションズ株式会社
プラットフォームサービス本部 コミュニケーション&アプリケーションサービス部 droppin担当

大澤 樹希

2018年入社。
全国テレビジョン中継サービスの保守運用を担当し、社会のインフラであるテレビ放送の安定したサービス提供に貢献。
現在の部署に異動後、ワークスペースの検索・予約サービス「droppin」の事業化を推進。
2021年10月にサービスをリリースした後、BtoBマーケティング、インサイドセールス、法人営業を担当しサービスのグロースに貢献中。

ログインして申し込む

お申し込みには会員登録が必要です

join OPEN HUB