お知らせ

サイトメンテナンスについて

New Technologies

2024.07.10(Wed) 16:00~17:30 リアル開催 

リアル開催

開催終了

AWS社と語るコンタクトセンターの生成AI活用
~NTT Com自社コンタクトセンターとの対話を通じて見えてきたこと~

#働き方改革 #CX/顧客体験 #AI
日時
2024年7月10日(水) 16:00~17:30 リアル開催 
会場
NTTコミュニケーションズ本社 大手町プレイス
参加費
無料
定員
50名(申込多数の場合は抽選となります)
お申し込み期限
2024年7月3日(水) 12:00

近年、生成AIの活用はさまざまな分野で注目されています。
特にコンタクトセンターにおける生成AIの活用は、通話内容の要約などオペレーション業務の効率化が期待されます。一方で、お客さまと直接やりとりを重ねる「企業の顔」としての役割を果たすコンタクトセンターでは、応対品質や正確性が重視されるため、生成AIの活用には慎重になっている企業も多いのではないでしょうか。

本イベントではAWS社から長年コンタクトセンター業界の変革に携わってきた有識者をお招きし、生成AI活用の最新トレンドをお伝えします。また、NTT Comが「自社コンタクトセンター」の現場を観察・ヒアリングして見えてきた課題の解決に、生成AIがどのように活かせるのかを語ります。
後半では、登壇者や参加者同士の交流が図れるネットワーキングを用意しております。是非ご参加ください。

(第一部)
講演:コンタクトセンターにおける生成AI活用の最新トレンド/ユースケース及びYour Connect機能のご紹介
(第二部)
クロストーク:AWS社と語るコンタクトセンターの生成AI活用について
(第三部)
ネットワーキング※ご希望の場合は、個別相談会も可能です

▼こんな方におすすめ
・コンタクトセンターにおける生成AI活用に課題を持っている方
・コンタクトセンター運用業務の効率化を図りたい方
・コンタクトセンターにおける生成AI活用の最新トレンドに興味がある方
・Amazon Connect や Your Connectをご利用中もしくは検討されている方

出演者
羽富 健次

アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
WWSOビジネスアプリケーションズ事業統括本部 CXEビジネス事業部
CX セールススペシャリスト

羽富 健次

多数の外資系ベンダーにてコールセンター業界と関連するサービスを経験。
2018年にaws に入社し、日本のAmazon Connect の立ち上げや、本格的なクラウドサービスの転換期を経験し、現在に至る。日本コールセンター協会 情報調査副委員長、人材育成委員。カスタマーサービスのあるべき姿やオペレータの負荷軽減のために何ができるかを日々模索中。
友道 直秀

アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
パートナーアライアンス事業本部 パートナービジネス開発部
パートナーディベロップメントマネージャー

友道 直秀

外資系ITメーカー経験を経て、2022年にAWSへ入社。
現在は、AWSパートナーと協力し、Amazon Connect、生成AIを活用したビジネス拡大戦略の立案を担当。
また、AWS各種サービスを活用した幅広いビジネス開発支援にも従事している。
野田 隼斗

NTTコミュニケーションズ株式会社
BS本部 スマートワールドビジネス部 ジェネレーティブAIタスクフォース

野田 隼斗

入社後、自社のパブリッククラウドサービスやIP電話サービスのサーバーエンジニアとして5年ほど運用保守と開発に従事。
2022年からAmazon Connectと自社開発のソフトフォン「Your Connect」の提案と開発(プロダクトマネージャー)を担当。近年は生成AIを活用したコンタクトセンターソリューションモデルの検討、機能開発に取り組んでいる。
宿崎 真由

NTTコミュニケーションズ株式会社
BS本部 ソリューションサービス部 デジタルソリューション部門

宿崎 真由

2021年からAmazon Connectの提案および「Your Connect」の開発を担当。
現在はYour Connectのプロダクトマネージャーとして機能拡張に取り組んでいる。お客さまとの対話と現場の観察を通して得られた気づきをプロダクトに反映させることに力を入れている。
開催概要
イベント名
AWS社と語るコンタクトセンターの生成AI活用 ~NTT Com自社コンタクトセンターとの対話を通じて見えてきたこと~
日時
2024年7月10日(水) 16:00~17:30 リアル開催 
会場
NTTコミュニケーションズ本社 大手町プレイス
参加費
無料
定員
50名(申込多数の場合は抽選となります)
お申し込み期限
2024年7月3日(水) 12:00

OPEN HUB
ISSUE

New Technologies

答えはここに。
今使いたい
最新テクノロジー