資生堂fibonaと考える
美の自分らしさを実現する
リアルとバーチャルの可能性

  • CX/顧客体験
  • データ利活用
  • イノベーション
ログインして申し込む

お申し込みには会員登録が必要です

資生堂fibonaとNTT Comによるクロストークイベントを開催します。

近年ではあらゆる市場で顧客が求める価値/ニーズが多様になっており、ビューティー業界も同様です。
これまでのような考え方では、顧客の多彩な美に対してのニーズをとらえ、価値を提供することが難しくなってきています。
そのような変化に対応するには、五感を満足させるリアルの体験、接触頻度を高め多くの人とコミュニケーションできるオンライン/バーチャルの体験を組み合わせることが大切です。
さらには、顧客の変化する価値観のスピードに対応するためには体験設計だけではなく、開発段階でもリアルとバーチャルをかけあわせることが重要となってきています。
そこで今回、美の多様性に対するアプローチを通して、変化する顧客のニーズへの取り組みの可能性を共に考えます。

◆特につぎのような方におススメです◆
・新規事業やサービス開発を担当されている方
・顧客体験設計に興味がある方、悩みがある方
・オンラインとオフラインのコミュニケーション施策に興味がある方

日時 【見逃し配信中】2022年4月8日(金)~
会場 オンライン配信(申し込みいただいた方に配信URLをお送りいたします)
参加費 無料
お申し込み期限 2023年4月7日(金)18:00
ログインして申し込む

お申し込みには会員登録が必要です

小田 康太郎

株式会社 資生堂
みらい開発研究所 R&D戦略部

小田 康太郎

資生堂入社以来約4年間、化粧品の触感、脳科学などの基礎研究に勤しむ。その後、新しい研究所の専任メンバーとしてラボ、オフィスのワークスタイルデザインと実装に従事。都市型オープンラボS/PARKの立ち上げ後、S/PARKの1-2Fパブリックエリアの運営に携わる。現在は研究企画を担当するとともに、オープンイノベーションプログラム fibonaのメンバーとして新しい研究開発プロセスに取り組む。

南郷 史朗

NTTコミュニケーションズ株式会社
スマートカスタマーエクスペリエンス推進室 課長

南郷 史朗

10年以上コミュニケーション基盤を中心としたCX事業に携わり、昨今はその発展としてAI・データマネジメント・XRを活用した新たな顧客接点の創造に取り組んでいる。

菊地 寿尚

NTTコミュニケーションズ株式会社
スマートカスタマーエクスペリエンス推進室 担当

菊地 寿尚

通信業界への大規模基幹システム開発に携わり、その後現職にて、XR技術等を活用したコミュニケーションから顧客、ユーザの体験の向上を実現するための、ソリューション提案・コンサルに従事。

稲員 直美

NTTコミュニケーションズ株式会社
第四BS部 ビジネスデザイン部門 主査

稲員 直美

コンシューマ向けマーケティング業務を経て、現在は大手法人向け営業の支援業務に従事。NTTグループの女性社員と協力して「美容×Well-being」をテーマにしたビジネスアイデアを企画。

ログインして申し込む

お申し込みには会員登録が必要です

join OPEN HUB