Generative AI: The Game-Changer in Society

2024.03.27(Wed)

OPEN HUB Base 会員限定

生成AI活用のポジティブな可能性
~3つの視点から探る、国内外の活用事例~

#セキュリティ #事例 #AI
日々急速に進歩する生成AI。人間との共存の在り方が問われる一方で、私たちの働き方や暮らしを大きく変えるポジティブな可能性を秘めています。ここでは、「信頼性/安全性」「業務効率化」「創造性」の3つの観点から活用事例をピックアップ。生成AIの最前線をお届けします。

人間の目や耳では判別できない
生成AIの画像や音楽を識別

GoogleのDeepMindは2023年8月、生成AIで生み出された画像や音楽を判別し保護する電子透かしツール「SynthID」をリリースしました。生成AIでつくられたコンテンツにIDのような電子透かしを埋め込むことが可能で、虚偽コンテンツを判別したり、生成した情報を保護したりするのに役立つとされています。

これまでは目視できる透かしデータを入れ込むといった方法が取られていましたが、SynthIDを活用することで、人の目や耳で判別できないデータが埋め込まれ、コンテンツとしてのクオリティを維持しながら、データ編集しても透かしが削除されない一定のセキュリティを実現します。

近年、高度化したディープフェイクの悪用が問題になるなど、生成AIコンテンツを保護/見分けることの重要性が増してきています。SynthIDが他のツールにも搭載され、電子透かしが当たり前の機能として普及していけば、近い将来、個人や企業が積極的かつ、安全に生成AIコンテンツを活用できる未来が訪れそうです。

クリエイターに朗報。
学習元素材の権利者として利益を還元

この記事は OPEN HUB BASE 会員限定です。
会員登録すると、続きをご覧いただけます。