地方創生のススメ
-地方DXの現在地と未来への挑戦-

  • Smart World
  • イノベーション
  • 地方創生
ログインして申し込む

お申し込みには会員登録が必要です

「地方からデジタルの実装を進め、地方と都市の差を縮めていくことでデジタル実装を通じた地方活性化を推進する」ことを目的に、旗を掲げられたデジタル田園都市国家構想。そこでは、デジタルは新しい価値を生み出す源泉として、官民双方で地方におけるDXを積極的に推進することが求められています。
今回は、2015年から約3年間総務大臣補佐官や総務省政策アドバイザーとして地方創生とテクノロジーの政策立案に関わられた太田直樹氏と、「信用コストの低いデジタル社会を実現する」をミッションとして掲げるxID株式会社代表取締役CEOであり、「デジタルファースト宣言」を行った浜松市フェローとしても活動される日下光氏をお招きして、デジタルが導く地方創生の未来についてお話しいただきます。
特にこれからの行政サービスの肝となってくるであろう「マイナンバーカード」「ブロックチェーン」「オープンデータ」など事例に取り上げながら、地方におけるデジタル化の現在地や、地方DXが進まない要因、官民それぞれの立場に期待されることなどについて議論します。

日時 2022年11月18日(金)オンデマンド配信
会場 オンライン配信(申し込みいただいた方に配信URLをお送りいたします)
参加費 無料
お申し込み期限 2023年11月17日(金)18:00
ログインして申し込む

お申し込みには会員登録が必要です

太田 直樹

New Stories代表 Code for Japan理事

太田 直樹

ローカルxテックで、セクターを越えた事業創造を企画・運営。15年1月から約3年間総務大臣補佐官として、19年10月から1年間総務省政策アドバイザーとして、地方創生とテクノロジーの政策立案に関わる。18年2月に起業。ボストンコンサルティングに18年在籍し、テレコム・メディア・テクノロジーのアジア地域のリーダーを務める。

日下 光

xID,Inc. Co-Founder,CEO

日下 光

2012年xID株式会社を創業。2017年よりエストニアに渡り、eResidencyや政府機関のアドバイザーを務める。2019年より石川県加賀市の次世代行政実現に向けたDXアドバイザー、地方創生推進(デジタル化・スマートシティ)フェローに就任。2021年、静岡県浜松市デジタルスマートシティフェローに就任。2021・2022年度総務省地域情報化アドバイザー。鎌倉市スマートシティ推進参与。茨城県日立市デジタル化推進・評価委員。一般社団法人デジタルアイデンティティ推進コンソーシアム理事。

林 雅之

NTTコミュニケーションズ株式会社
エバンジェリスト
Smart Data Platform 広報・マーケティング

林 雅之

▶国際大学GLOCOM客員研究員
▶株式会社シンカ マーケティングアドバイザー
▶株式会社グローバルウェイ アドバイザー
▶埼玉工業大学 工学部 情報システム学科 非常勤講師
▶ITmediaオルタナブログ『ビジネス2.0』の視点
(毎日5,500日超/15年)
▶Voicy 『ビジネス3.0』の視点 パーソナリティ
▶ツイッター@masayukihayashi/ @cloud_1topi

ログインして申し込む

お申し込みには会員登録が必要です

join OPEN HUB